Apr27th

太陽光発電

エコバンクの太陽光発電システム

太陽光発電は、今、世界で一番注目されている新エネルギーです。

現在わが国の主要なエネルギー源である石油・石炭などの化石燃料は限りがあるエネルギー資源です。

これに対し、太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などのエネルギーは、一度利用しても比較的短期間に再生が可能であり、資源が枯渇しないエネルギーです。

これらは、「再生可能エネルギー」ともいわれます。石油等に代わるクリーンなエネルギーとして、政府はさらなる導入・普及を促進します。

地球温暖化対策や省エネなど全世界的にエコ志向が高まる中、家庭で簡単にできるエコ対策として、そして世界で一番クリーンなエネルギーとして注目され、ここ日本でも多くの家庭で太陽光発電の導入が進み始めています。

太陽光発電はもはやエコ志向の人たちだけのものではありません。

日本は、京都議定書で太陽光発電の導入目標を定めており、そのため、太陽光発電を設置した家庭には、平成26年3月までは補助金を出す制度を設けていました。

また、2009年11月以降は、発電して余った電気を今までの2倍の価格で買い取ってくれるようになりました。

以降、法律改正などが進み、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が2012年7月1日にスタートしました。

この制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるものです。

買取価格・期間は 調達価格等算定委員会の意見を聴いて年度ごとに見直しが行われますが、以前と比べると国や自治体のサポートも増え、日本全体で取り組んでいる新エネルギー対策となりました。

その代表的なシステムが太陽光発電なのです。